2011年10月7日

ミツバチの習性と環境を知る

住所:
養蜂歴:

1.日本ミツバチを飼えば失敗はつきもの

群を失うと、巣虫にやられたという人が多い。結果だけをみているとそう思えるがその前に必ず蜂の出入りが少なくなってくる。少しづつ少なくなってきたのか、急に少なくなってきたのか、急にいなくなったのか、巣箱の近くを歩くハチが多くいるのか、見ていてもわからないような減り方なのか、その違いによって原因は変わってくる。ハチがいなくなるさまざまな原因を知れば対策もとれることがある。

2.ハチの習性を知ること

日本ミツバチは優しく接すれば人に馴れる。巣箱内に素手を入れても刺さない映像を見せてくれた人もいるが冬期は攻撃的になるので注意する。西洋ミツバチは家畜化されているが人には馴れない。その他多くの習性の違いを知ること。

3.ハチの自然環境を知ること

日本ミツバチが好む自然環境はどのような所なのか、ミツバチはどのような形の巣箱を好むのか、巣箱の設置場所はどのような所を好むのか蜜源植物が多いのか、どのような植物が蜜源になっているのか、巣箱を設置したいと思ったところの近くで多量の農薬が使われていないか、天敵、越冬、分封、暑さ、湿気対策はどのようにするかを知る。

以上のような基本を一つひとつ身につけることです。

猿渡信男
お知らせ
活動記録
私たちについて
日本ミツバチとは
養蜂の知恵袋
蜜源植物図鑑
工作ノート
会員紹介
ブンブンブログ
このページの先頭へ