y.ushuyamaA
2016年7月26日

牛山 泰

住所:韮崎市穂坂町
養蜂歴:2011年より

東京都武蔵野市と韮崎市の二地域生活を開始して7年目です。

里山生活に憧れ、薪ストーブと囲炉裏で暖房の為、手始めに薪作りを開始、気が付けば耕作放棄地で野菜作り・キノコ栽培・日本ミツバチの養蜂まで手を広げておりました。

 

昨年秋に4群居たミツバチは飼い主の未熟さもあって大量死が起こり1群のみが生き残りました。

消滅した巣箱には蜜がたっぷり残り、生き残った蜂はよろよろと這い出して来て飛ばずにポトリと落ちる有様でした。今思えば果樹園と田圃が周辺に存在しており神経系農薬の被害だったのかも知れません。(残った1群は6月に会の斡旋で茨城県産?を手に入れ、採蜜しなかった群れです)

 

 春の分蜂は4回起こり3群の取り込みに成功し、第一分蜂群からの孫分蜂が有ったようですが気が付かずに逃避されたようです。第二分蜂群は早くも大量死の洗礼を受け現在回復中です。

 

 蜜源植物を自前で増やそうと「ユリの木」「ビービーツリー」「はちみつ草」等の種を蜜源植物分科会から頂き育てたり(生きているうちに花が咲くか判らないと家族から揶揄されていますが)、「ラベンダー」「ローズマリー」「ラムズイヤー」等の

東京都武蔵野市と韮崎市の二地域生活を開始して7年目です。

里山生活に憧れ、薪ストーブと囲炉裏で暖房の為、手始めに薪作りを開始、気が付けば耕作放棄地で野菜作り・キノコ栽培・日本ミツバチの養蜂まで手を広げておりました。

 

昨年秋に4群居たミツバチは飼い主の未熟さもあって大量死が起こり1群のみが生き残りました。

消滅した巣箱には蜜がたっぷり残り、生き残った蜂はよろよろと這い出して来て飛ばずにポトリと落ちる有様でした。今思えば果樹園と田圃が周辺に存在しており神経系農薬の被害だったのかも知れません。(残った1群は6月に会の斡旋で茨城県産?を手に入れ、採蜜しなかった群れです)

 

 春の分蜂は4回起こり3群の取り込みに成功し、第一分蜂群からの孫分蜂が有ったようですが気が付かずに逃避されたようです。第二分蜂群は早くも大量死の洗礼を受け現在回復中です。

 

 蜜源植物を自前で増やそうと「ユリの木」「ビービーツリー」「はちみつ草」等の種を蜜源植物分科会から頂き育てたり(生きているうちに花が咲くか判らないと家族から揶揄されていますが)、「ラベンダー」「ローズマリー」「ラムズイヤー」等のハーブも育てております。

 

ushiyama 2013.06.16K群1

このページの先頭へ